明治の「さいておいしいモッツァレラ」さき歌誕生!

saiteoishipack

本日公開!
明治の「さいておいしいモッツァレラ」を
おいしく食べるための「さき歌」を作りました。


このチーズはもうパッケージからいろんなさき方を提案しています。
「さいて」食べることが推奨されている、楽しい商品なんです。
さき方は商品開発者自らが考えているそうです。
それぞれのさき方に漫画まであって、
とても愛されながら世に出された感じがします。

なかでもモッツァレラ星人がかわいい!
もう、この子一押しで作るしかない!
というわけで、
モッツァレラ星人を中心に世界観を広げたら、
サイケでSFな作品に仕上がりました。

「あ、また東京ハイジのお子様向けモードかな?」
という感じで、かわいらしくはじまるんですけど、
先へいくに従ってどんどん盛り上がって、
え。まだやるの?もういいんじゃないですか?
って感じに盛り上がってしまって、
ミラーボールにゴーゴーダンサーが出てきたり、
怪しいキノコなコスモパニックに花火まであがって、
カオス化するところがものすごいです。
モッツァレラ星人の本気を感じます。
精神攻撃をしかけるタイプの宇宙人ですね、きっと。
動画を見て、一緒に体が曲がってしまったら、
あなたはもう洗脳されています!気をつけて!

saiteoishimozza

私は「モッツァレラ」の「レラ」部分が
カンツォーネな感じがするので、イタリア風?と思っていたのだけど、
妹は「モッツァレラ」はやっぱり「ツァ」が命でしょう!
と主張するので、ツァのもつ「ネバッと感」を強調してみました。
もちろん、レラ、もしっかり強調しました。
こうやって、言葉で遊ぶのが私の幸せです。

合間に名称を叫んでいるのは5歳の娘なんですが、
もともと舌たらずなので何度やっても「ツァ」が言えなくて
「モッサレラ」になってしまうんです。
そこで、「ツァ」だけを何度も繰り返し言わせたところ、
1個だけ、いいものが録れて…。
でも、言えたのはその1度きりで、
うちではすっかり「モッサレーラレラー」で定着してしまっています。
その奇跡の「もっっっつぁーーれらせいじん」も聞き所です。
ツァを意識しすぎて、耳に残る発音になっています。
気に入ってます。

もうひとつ、こぼれ話。
明治さんが参考資料として、商品の現物を、
妹ワカバと私、それぞれにたっぷり送ってくれたんです。
東京ハイジは先に曲を作って、あとから絵を描きます。
私は商品を試しながらじっくり曲を作りました。
やっぱり現物があると作る時のテンションが違いますね!
曲ができて、さぁ次はアニメの番だ!という段になった時、
妹からメールが。
「どうしよう、チーズ全部食べきっちゃったよ…。
 これから絵描くのに…。」
えーっ!あんなにたっぷりもらったのに?
…というわけで、妹は明治さんに再びチーズをおねだり!
やれやれです…。
明治さんは快く、またたっぷり送ってくれたそうです。

商品は既にスーパーやコンビ二で売っています。
動画をみたら、絶対食べてみたくなっちゃうと思いますよ。

公式サイトは見応えたっぷり!こちらも合わせてどうぞ↓
明治さいておいしいモッツァレラ公式サイト